小児科クリニック向け集客のポイントとは?|効果的なマーケティングポイントを解説

小児科クリニック向け集客のポイントとは?|効果的なマーケティングポイントを解説

厚生労働省の「令和2(2020)年 医療施設(静態・動態)調査(確定数)・病院報告の概況」によると、平成20年 (2008年)には2,905であった小児科の施設は、令和2年(2020年)には2,523施設まで縮小しました。加えて、政府統計の総合窓口の「人口動態調査 人口動態統計 確定数 出生」では、2008年には109万1,156人であった出生数の総数が2020年には84万835人まで減少した結果となりました。

近年の傾向として、合計出生数と小児科の施設数が共に減少しており、採算がとれない小児科数の増加や事業規模の縮小が懸念されています。こうした環境下の現代の小児科業界は、効果的なマーケティング戦略を行うことで、クリニック経営の成功につなげられます。

本記事では、小児科クリニックの市場分析、マーケティング戦略、信頼性と評判の構築、パーソナライズしたサービス提供について解説します。

市場分析の基本

小児科クリニックの市場分析を行い、潜在顧客のニーズを満たすことが重要です。以下を押さえて準備していくことが重要です。

市場分析の重要性

小児科クリニックの市場分析では、診療圏内の人口統計、競合他社のサービスや設備、地元住民の健康意識の向上等が対象として含まれます。加えて、該当地域における年齢層、子供の数、平均収入などのデータを収集します。

これらをもとに、クリニックが強化すべき医療サービスや設備投資の方向性を定めていきます。

ターゲット層の特定方法

ターゲット層の特定には、地域コミュニティーに根ざしたアプローチが効果的です。特に若い家族、新婚カップル、および子供を持つ家庭を重点的にターゲットとします。

家族のサイズや兄弟の有無も重要な要素です。具体例として、兄弟が多い家庭では、一度の診察で全員を診察してもらいたいニーズがある可能性があります。

小児科クリニック向けマーケティング戦略

小児科クリニックのマーケティングを進めるにあたり、以下のステップを押さえていくことが大切です。

オンラインマーケティング

SEO施策

小児科クリニックが地域内での認知度を高めるためには、SEO(検索エンジン最適化)を効果的に活用することが有効です。Googleをはじめとした検索エンジンのランキングで上位表示されることで、検索結果からの流入や売上、リード獲得などを大きく増やせます。

Google ビジネス プロフィール

Googleビジネスプロフィールは、ビジネス情報をGoogle検索やGoogleマップに表示するための無料ツールです。このツールを活用することで、営業時間、場所、連絡先などの詳細情報を患者にかんたんに伝えられます。このような機能は、患者が店舗に足を運ぶ必要がある小児科クリニックの運営に、特に効果的です。

地域住民の悩みに関連したキーワード選定

SEO対策でのキーワードの選定は、地域住民が抱える具体的な小児に関する悩みに関連したものにすることが大切です。

例えば、「〇〇区 小児科クリニック」といった具体的な診察方法と地域名を組み合わせたキーワードの上位表示を試みます。地域のニーズに基づいた治療をもとにすることで、検索者のニーズを捉えると同時に、地域内の検索での上位化を目指せます。

モバイル対応の重要性

現在ではスマートフォン利用者の増加に伴い、小児科クリニックを検索する親たちの多くがスマートフォンを利用します。そのため、モバイルフレンドリーなウェブデザインや高速なページの読み込みが、訪問者の満足度を高められ、SEOの評価を向上につなげられます。

SNSマーケティング

SNSマーケティングは、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)を使って美容クリニックの患者を獲得するマーケティング手法です。X(旧Twitter)、Facebook、Instagram、YouTubeなどのSNSを通じて患者とコミュニケーションを行い、認知拡大やファンの獲得、ブランディングなどを行います。

Instagramでの視覚的なアプローチ

Instagramは、画像や動画をメインに使って視覚的に訴求できることが大きな特徴です。小児科クリニックがInstagramを活用する際には、清潔感のある院内や実際の治療の結果などを記載することで、フォロワーにサービスの品質における高さをアピールできます。

また、Instagramは、画像や動画などのフィード投稿のほか、ハイライトやリール、ストーリーズなど様々な機能を使ってユーザーにアプローチすることが可能です。下記に、クリニックの集客に役立てられるInstagramの機能をまとめました。

機能特徴
フィード写真や動画を投稿、閲覧、いいね、コメントができる
ストーリー24時間限定の写真や動画を投稿し、フィルターやスタンプを使える
ハイライトストーリーで投稿した内容をプロフィールに残すことができる
ライブ配信リアルタイムでのビデオ配信ができ、コメント機能もある
IGTV1分以上60分以下の長時間の動画を投稿できる
リール15秒のショートビデオを投稿し、音楽やエフェクトが使える
ショップビジネスアカウントで商品の販売ができる
ガイドトピックや商品に関する情報をまとめたページを作成できる

Instagramはフィード投稿をメインで見る人もいれば、おすすめのリール投稿を流し見する人もいます。様々な使い方をするユーザーに、多角的なアプローチができるのが、Instagramマーケティングのメリットです。

X(旧Twitter)による拡散

Xは、リアルタイムの情報共有に強く、リツイートによる拡散力が優れています。ほかのユーザーのツイートを再投稿するリツイートは、X独自の機能です。Xに自身のクリニックにおける魅力的な情報を投稿することで、共感や興味関心を持ったユーザー間で拡散されやすく、多くの顧客獲得につなげられます。

また、Xはユーザー同士の会話が活発なSNSです。一方的な情報発信だけでなく、コメントや返信などを通じて、ユーザーとコミュニケーションを取ることで、クリニックの信頼性を高められます。

オフラインでのマーケティング

オフライン集客は、地域コミュニティとの連携やポスティングやチラシ配り、車内広告など多くの種類があり、特定の地域や狙った患者に集中的にアプローチできることが大きな特徴です。

地域コミュニティとの連携

小児科クリニックが地元住民とのつながりを強化することは、信頼性の構築と口コミによる集客向上につながります。

例えば、地域の祭りや市民フェアに参加し、クリニックのブースを設置することで、地域住民と交流をします。無料の健康チェックや相談を提供し、クリニックの存在をアピールする良い機会となります。

ポスティング

ポスティングは、チラシをポストに投函する集客方法です。ポスティングでのチラシ配布の場合、ポストからチラシを取り出す際などに、患者の手に渡る可能性が高いというメリットがあります。

患者がチラシを手に取って確認した内容に、興味のある情報が記載されていれば、来院につながる可能性が高くなります。チラシの印刷と配布には費用がかかりますが、エリアを絞った集客方法として有用です。

信頼性と評判の構築

小児科クリニックの信頼性と評判の構築することは、成功への鍵となります。具体的に以下を押さえて準備していくことが大切です。

クリニックの安全面と衛生面

保護者の小児科クリニックにおける選定では、院の安全性と清潔さが重視されます。子供たちの弱い免疫体制を考慮すると、院内感染のリスクを抑えるための対策は、院の信頼を築くうえで不可欠です。

対策詳細
院内の消毒受付、待合室、診察室など患者が頻繁に触れるエリアを、日に複数回、専門的な消毒方法で清掃をする
空気の質の管理院内に空気清浄機を設置し、空気中のウイルスや菌の量を最小限に抑える
スタッフの衛生教育感染症対策の最新情報に基づいた定期的な研修を行い、スタッフ全員が衛生管理を徹底する

口コミの活用

小児科クリニック選びにおいて口コミは、信頼感を与える重要な要素です。特に新規患者を引きつけるために効果的な手段です。これらの評価は、クリニックの公式ウェブサイトやソーシャルメディア、医療専門の評価サイトに掲載することで、信頼の獲得につなげられます。

診療の質の向上:治療の成果や医師の専門知識を保護者や患者からのフィードバックで評価する

スタッフの対応:受付から診察、治療後のフォローアップに至るまで、スタッフ一人ひとりの接客態度が評価の対象とする

アフターケアの充実:退院後の電話でのフォローアップや再診時の待ち時間の短縮など、サービス全般の質を反映する

パーソナライズしたサービス提供

小児科クリニックを運営していくうえで、患者一人ひとりのニーズに基づいたパーソナライズしたサービス提供が不可欠です。そのうえで、下記の重要事項を把握しておくことが重要です。

患者一人ひとりへの対応強化

小児科クリニックにおける患者対応は、個々のニーズに応じたアプローチが求められます。例えば、患者の年齢、健康状態、家族構成、好みや不安を詳細に把握し、それに基づいた健康管理計画を提供することが重要です。

これにより患者一人ひとりが最適な診療を受けられ、信頼感と満足度を高められます。

メンタルケアの充実化

医療の場では患者のメンタルケアも重要です。患者や家族が心理的にも健康を保てるよう、カウンセリングや支援グループの紹介など、感情的な支援を能動的に行います。

そのうえで、患者との対話を大切にして常にオープンで正直なコミュニケーションを心がけます。患者自身の感情を安心して表現できる環境を作ることが重要です。

サービスの種類

小児科クリニックで提供できるカスタマイズが可能なサービスには、特定の症状や疾患に対応した専門的な治療プログラム、アレルギーに配慮した待合室の環境設定、または予防接種スケジュールの個別調整が含まれます。

これにより、個々の患者における健康状態やニーズに応じた最適な治療を提供することができます。

サービスの種類カスタマイズの内容対象年齢
専門的治療プログラム症状や疾患に応じた治療全年齢対応
環境設定のカスタマイズアレルギー対応の待合室環境幼児・学童
予防接種スケジュール個々の健康状態に合わせた調整乳幼児

小児科クリニック向けの予約システムとは

小児科クリニック向けの予約システムは、店舗予約や患者の管理を自動で行うシステムです。小児科クリニックにおける業務の効率化はもちろん、集客に役立つ機能を数多く搭載しています。

ここでは、予約管理システムの導入メリットと、小児科クリニックに役立つ予約システムの機能について解説します。

予約システムの導入メリット

予約システムを導入することで、小児科クリニックの経営において大きな手助けとなります。以下は、そのなかでも特に効果的なメリットです。

・業務効率化
予約管理システムは予約受付や患者情報を自動で管理します。人の手により紙やExcelで管理する必要性を省けます。

・費用削減
予約システムの自動管理機能は、費用の削減にも効果的です。予約や患者の情報はデータ化されるので、大量の紙や管理するスタッフに費やしていた経費は低減されます。

・マーケティングの強化
予約受付システムを通じて集められる患者データを分析し、ターゲット市場の動向や患者の需要を把握することができます。このデータを基に、効果的なマーケティング戦略を立案可能です。

・患者体験の向上
予約の確認や変更をオンラインでかんたんに行えることで、患者の利便性が向上します。また、待ち時間の短縮やスムーズな受付が実現し、患者満足度も高められます。

小児科クリニックに役立つ予約システムの機能

予約システムはさまざまな種類が存在しています。それぞれ特徴が異なるため、自身の小児科クリニックに合った予約管理システムを判別することが必要です。

LINE連携機能

LINE連携機能とは、LINE公式アカウントと予約システムを連携させる機能です。この機能を活用することで、LINE公式アカウントを友だち登録している患者が、自身のLINEアカウントを使って予約や配信コンテンツの受け取れます。患者がLINEアカウントで予約をする際における、連絡先の入力作業を一部省略できることも利便性の向上に効果的です。

カルテ機能

カルテ機能は、予約ごとに患者の対応時の記録や、患者の特記事項などを記録できる機能です。予約や患者の情報の管理、施術当日のカルテ記入などの業務など、あらゆる面で業務を効率化できます。

クーポン機能

クーポン機能は、予約促進に役立つ割引クーポンを、予約システムから手軽に発行できる機能です。来院率の向上や、患者ロイヤリティの向上に役立ちます。

キャンセル待ち機能

キャンセル待ち機能は、予約が埋まっている予約枠にキャンセルが生じた際、キャンセル待ちをしている予約者に対して自動で通知する機能です。患者獲得の機会を逃さず、効率的な小児科クリニックの経営を実現します。

まとめ

本記事では 小児科クリニックにおける市場分析、マーケティング戦略、信頼性と評判の構築、パーソナライズしたサービス提供について解説しました。小児科クリニックの運営における予約システムを活用することで、効率的な運営とクリニックの管理ができます。

小児科クリニックのマーケティング活動を効率良く利用するため必要な集客方法を多角的に学び、顧客数を増加させることが不可欠です。

小児科クリニックの運営には、予約システム「RESERVA」がおすすめ!
美容室運営には、予約システム「RESERVA」がおすすめ!画像引用元:RESERVA公式ホームページ

小児科クリニックの運営におすすめの機能が豊富な予約システムRESERVAを紹介します。「RESERVA(レゼルバ)」は導入数26万社を超え、国内シェアトップクラスの実績を誇るクラウド型予約管理システムです。RESERVAは、業界・業種問わず350種類以上の業態で利用されています。

パソコン・スマホ・タブレットに対応しており、最短3分で予約システムを作成できます。管理画面もシンプルでわかりやすいため、初めての予約システムに最適です。予約受付・患者の管理をはじめとする多くの機能が無料から利用可能で、開業直後の忙しい時期でも使うことができます。

RESERVAに搭載された豊富な機能は、業務効率の改善や費用の削減だけでなく、小児科クリニックの集客にも大いに役立ちます。ぜひ利用を検討してみてください。